特筆すべき特徴と法律との関係性

海外業者が運営をするオンラインカジノ

オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルとは違い日本でまだ馴染みがありません。
このため、よく同じギャンブルでも比較されることが多いです。

オンラインカジノの他ギャンブルとの違いとして、大きな点では海外の業者が運営をしているという点があります。
もちろん、日本の業者が運営をするカジノもありますが、これは悪質な違法カジノです。

知名度の高いオンラインカジノは、海外でも有数の一流企業が運営を行っており、有名な海外映画やキャラクターとのタイアップゲームなども手がけています。
日本の公営ギャンブルとは違い、英語の表記がされていて、日本語化はされていますが、簡単な英語が必要な場合があるのが特徴です。

自由なスタイルで楽しめるオンラインカジノ

オンラインカジノは、自由なスタイルで楽しめるのが魅力です。
24時間いつでも営業中ですので、パチンコや競馬のように、店の休みや営業時間を気にする必要がありません。
自宅にいながら、いつでも遊戯が可能となっています。
その上周囲の騒音を気にする必要がなく、自分のスタイルで自由に楽しめます。

最近では、タブレット端末に対応をしているオンラインカジノも増えていますので、手持ちのスマホで移動中に楽しむ事も出来ます。

ペイアウト率が大きく異なる

オンラインカジノと日本の公営ギャンブルの違いとして、ペイアウト率の差があります。
オンラインカジノのペイアウト率は約97%、他のギャンブルと比較しても非常に高いです。
競馬やパチンコが80~85%、宝くじやスポーツくじは45%程度ですので、比較してもペイアウト率の高さは圧倒的です。

その理由として、オンラインカジノを運営するのに必要な人件費、設備費が圧倒的に少なく済むという理由があります。
店舗を持たないオンラインカジノは、それだけ払い戻し率を高く設定することが出来るのです。

ボーナスとは?オンラインカジノの特典

オンラインカジノは、何かと特典が多いギャンブルです。その一つが、ボーナスです。
オンラインカジノには多くのボーナスが用意されており、条件を達成すれば、ボーナスを受け取る事が出来ます。
ボーナスには、初回ボーナスや、入金ボーナス、セカンド入金ボーナスや、月初ボーナスなど、さまざまなボーナスがあります。

大抵のギャンブルは、等価交換ですし、入金した金額分しかゲームで遊ぶことは出来ません。
しかし、オンラインカジノにはたくさんのボーナスがありますので、入金額の倍以上遊ぶことも可能です。

ボーナスを受け取るかどうかは検討しよう

オンラインカジノにはボーナスがありますが、トラブルの原因もまたボーナスです。
また、あまり金額を投入する予定がないという場合やマイペースにゲームしたいという場合、せっかくボーナスがあったとしても、条件を達成できず、ボーナスは受け取れないということも多いです。

このため、もしもマイペースに軽く遊びたいのなら、ボーナスを受け取らないか、もしくはボーナスのないノーボーナスタイプのオンラインカジノを選んでみましょう。

ボーナスには受け取り条件がある?その理由

オンラインカジノには、ボーナスの受け取り条件があり、そのまま引き出すことは出来ません。
たとえば、大体のカジノでは、最低賭け条件があり、購入額とボーナス額の10倍~30倍という条件が設けられています。
また、ボーナスや使用条件などはたびたび更新されますので、オンラインカジノのホームページでその都度確認しましょう。

オンラインカジノのボーナスに受け取り条件が設定されている理由ですが、そのまま引き出すことが出来てしまえば、何もしない人が多くカジノ側の損になってしまうからです。

除外ゲームと禁止ゲームを必ず確認すること

オンラインカジノのボーナスの条件に含まれないものとして、除外ゲームがあります。
除外ゲームは、カウントされないゲームで、ハウスエッジの低いゲームとなっています。

もう一つ、ボーナスを受け取り、ゲームをするだけでペナルティがある禁止ゲームもあります。
こちらは、プレイをするだけで、ペナルティがあり、ボーナスやチップを全て没収されてしまいますので、きちんと確認をしておきましょう。

ルールを守ってボーナスを受け取ろう

このように、オンラインカジノには、さまざまなボーナスがありますが、受け取り条件がありますので、それを達成することが必要です。

また、ボーナス乱用についても、ペナルティがありますので、注意をしましょう。

合法か違法か?曖昧な点も

オンラインカジノは、日本の公営ギャンブルとは違い、海外の業者が運営しています。
合法国の政府から認可を受け、許可書を取得して運営されているものの、日本国内では法律的にはグレーゾーンとなっています。

日本の公営ギャンブルは、日本の法律で認められていますが、オンラインカジノは日本の法律で具体的に明記されておらず、極めて曖昧であるという部分で違いがあります。
しかし、オンラインカジノはそれそのものは違法でも何でも無く、今後日本でも解禁される日が近いのではないかと考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です